NPO法人WE21ジャパン青葉へようこそ!12月はチョコ募金スタート!

冬季限定の募金キャンペーンです。

550円をご寄付いただいたお礼に六花亭のチョコレートをお贈りします。

可愛い缶のデザインは、イラク・シリアの子ども達です。ぜひ店頭で!


ボランティアを募集しております!!

一緒に楽しいお店作りをしませんか


10月8日 第2回 WE講座を開催しました。

講座レポート

女性の貧困について2つの現場から今そこで起きているリアルな状況をお聞きしました。

女性の家サーラーでは、必要最低限の生活水準が満たされていない絶対的貧困の外国籍女

性が多く、教育水準の低さの問題もありそれが子供の貧困に繋がり負の連鎖を生み出して

いるとのことでした。

 

DV対策センターでは、居場所に来ている子供たちのうち家事や家族の世話を日常的に行っ

ている子供、いわゆるヤングケアラーが多くそこで生まれる貧困すなわち経済の差が教育

の差に繋がらないように親子共々の自立支援を目指しているとのことです。

両現場ともあらゆる女性の貧困の中でも文化的生活が送れない教育的貧困がその子供も含

めての大きな課題であると痛感しました。

使命感を持たれて活動されている両団体を少しでも皆様に知っていただけるように

支援の輪を繋げていきたいと思います。


7/11(月)は「3.11を忘れないキャンペーン」

7/11日の売上全額は

2店舗合わせて

75,056円でした。

「認定NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね」

に寄付いたします。

 

まだまだ、忘れてはいけない

東日本大震災のその後。

 

お買い物がそのまま支援に

つながっております。

あおばニュースNO.67 発行しました


WE講座開催 報告レポート

福島県浪江町で殺処分となった牛を今でも飼い続ける吉沢正巳さん。

いのちとは何か。。。板倉真琴監督の映画上映

吉沢さんのオンラインお話会を開催しました。

21年第3回講演会

    「希望へのいのち~吉沢正巳というおのこ」

 

 日時: ‘22326日(土)14時~17

 講師: 吉沢正巳(希望の牧場・ふくしま代表)板倉真琴(映画監督)

 

今回の講演会は、昨年、浪江町を題材に「人と原発~失われたふるさと」を上映・講演し、今回新たに「希望へのいのち~吉沢正巳というおのこ」を製作した板倉監督の映画上映と、国の殺処分勧告に抗い、被ばく牛を通して原発問題を訴える活動を各地で行っている希望の牧場の吉沢さんと板倉監督との対談という内容で行われました。

 地域ミニコミ紙の掲載、WE21ジャパンの4地域NPOとの共催、吉沢さんの活動を応援している団体からの参加もあり(遠く岡山より5名の参加あり)、会場の参加とオンラインも含め140名の参加者に多くの感動と希望を与える講演会でした。

 映画の評価も高く、勇気をもらったというアンケートに多く寄せられた感想と共に、吉沢さんの「牛と共に生きる姿」「汚染水を海に流すな」「絶やさず活動を続ける行動力」に同感し、命の大切さを学んだのは私だけではないと思います。

 今後、原発問題はどのように処理されていくか、彼の活動が一人一人の胸に響き共に考え続けるきっかけとなることを望みます。映画の中の「牛の目」が強烈にそれを訴えていたように感じました。     WE21ジャパン青葉  松本 恩                       


【Webで楽しむまち活フェス2021】                                                    WE21ジャパン青葉(自然環境・平和活動)

下の画像をクリックして、ぜひ動画をご覧ください。



2019年度衣類のリユース枚数とCO2排出量削減